新着情報

応援メッセージ

NPO法人 福岡市障害者関係団体協議会 理事長清水 邦之

「福岡トライアスロン2022」開催おめでとうございます。

私たち障がい者団体は、2019年大会の際、「一緒に大会を盛り上げましょう」とお誘いいただき、トライアスロンのことも知らぬまま参加しました。運営側の皆さんも、私たち障がい者への接し方が分からない状態での受け入れだったと思います。しかし、準備段階から大会当日まで細かい配慮で迎え入れてもらい、その甲斐あって、参加者から「初めての経験で心配したが、とても楽しかった」や「障がいがあっても適切なサポートがあれば十分やれることを改めて感じた」等、ボランティアに肯定的な声を多く耳にしました。今回、新型コロナウイルス感染症の影響で3年振り3回目の開催となります。私たちはこの大会にボランティアとして参加することが楽しみであり、何よりも社会参加のよい機会と考えています。福岡有数の景観と歴史ある志賀島で開催される大会が、市が目指す「みんながやさしい みんなにやさしい ユニバーサル都市・福岡」の実現に向け、大きく寄与することを願っています。共に助け合い生きていく共生社会の実現にみんなで取り組みましょう。選手の皆さんもよい記録が出せるよう頑張ってください。

「福岡トライアスロン2022」みんなで頑張るぞー!!

ラジオDJ/スポーツMCTOM G

まずは3年ぶりの開催、やっほーーーい!

そして今回は何と言っても「志賀島完結コース」でしょう!

志賀島と言えば、全国的にも非常に珍しい、砂州(さす)によって陸地とつながった陸繋島(りくけいとう)。古代、大陸への海上交易の拠点として、歴史的に重要な位置を占めていた島。志賀海神社は、全国の綿津見(わだつみ)神社の総本宮。そして、金印が発見された島。

そんな歴史ある舞台で、思いっきりトライアスロンを楽しんでもらうため、MCとしても、選手たちをガッツリ鼓舞していきたいと思いますよ。スタート地点では背中を押し、ゴール地点では、笑顔で待っていますね〜。

また今大会は、トライアスロンというスポーツを通して、志賀島や西戸崎地区、福岡市東区及び福岡市の地域振興を掲げて開催されます。

ますます活気ある福岡にもご期待ください。


さあ、一緒に楽しみましょう!美しい福岡の島と海を!


アスリートの皆さん、この数年開催出来なかった無念を存分に晴らしてください!そしてレース後は、ゆっくり観光で、楽しんでくださいね〜。

在福岡米国領事館 首席領事 ジョン・C・テイラー

第3回「福岡トライアスロン2022」がコロナの影響にも負けず、2年越しに開催されることを心よりお祝い申し上げます。

どのような人でも参加することのできる大会を開催し続ける事は共生社会の実現へ大きな貢献となる素晴らしいことだと思いますし、それが福岡で開催されることに大変うれしく思います。

スイム、バイク、ランの合計距離を競うモダンなトライアスロンは、1970年ごろにアメリカのサンディエゴから始まっています。在福岡米国領事館として、アメリカと福岡がスポーツでもつながっていることに大変幸せを感じます。スポーツは言語や文化の壁を越えることのできる素晴らしい活動です。

在福岡米国領事館はこれからも、様々な日米スポーツ交流に積極的に取り組んで行きます。

大会での皆様のご活躍を祈念いたしますとともに、大会の成功を心よりお祈り申し上げます。それぞれの自己最高記録がでることを願っています!

福岡トライアスロン
について

“志賀島完結コース” 誕生!

初心者からアスリートまで幅広く参加できる
スタンダードなトライアスロン大会です。

本大会の特徴

  1. 1

    福岡市内や博多駅、空港からも約10Km圏内というアクセスの良さ

  2. 2

    コースは大自然が溢れ、美しい海と山を感じる事ができる最高のロケーション!

  3. 3

    初心者からアスリートまで幅広く参加できるスタンダードディスタンス

  4. 4

    デザイン性に優れ、おしゃれかつカジュアルな大会。

  5. 5

    志賀島は「漢委奴国王」の金印(国宝)の発掘場所として全国的に有名。

そして、2つのNEW!

  1. 6
    志賀島完結コース誕生
    特に、圧倒的な透明度とフラットな外海スイムをお楽しみください。
  2. 7
    ポイントレースにステップアップ
    JTUトライアスロン エイジグループ・ナショナルチャンピオンシップシリーズ大会になりました。

トライアスロン競技の前後は、開催エリアである「志賀島」の歴史的文化・郷土料理など、”ここにしかない福岡”をご堪能いただきたいです。そして、大会終了後には、博多・天神・中洲などで、ショッピングや福岡のご当地料理など、存分にお楽しみいただけること間違いなしです。トライアスロンと観光を同時に楽しめるのも福岡大会の魅力です。

写真提供:福岡市 撮影者:Fumio Hashimoto

スタンダードディスタンスとは 

スタンダードディスタンスとは、スイム1.5km ・バイク 40km ・ラン10 kmの合計51.5kmの距離で行うトライアスロンです。夏季オリンピックの正式種目として、2000 年のシドニーオリンピックよりこの距離で開催されています。